厳しい現実

お疲れ様です。

ジャイアンツが二年連続優勝を達成し、CSへの準備が着々と進む一方、


各球団からの戦力外通告が始まっています。


考えてみるとジャイアンツに入団してからこの時期に二軍にいる事が始めてで、

改めて、一軍と二軍との温度差はこれほどかというほど実感しています。



昨日まで一緒に練習していた選手、コーチが突然戦力外通告を受け、


練習前の全体ミーティングで、ユニフォームを着れず最後の挨拶をする。



喋りながら涙を流す選手。


そのほとんどが悔し涙。

本当に健やかに晴れ晴れとした表情で話しができるのはほんの一握り。



しかしこれがプロ野球選手の現実なのです。



一度も一軍のマウンドに上がれず去っていく選手は山ほどいます。



みなさんがテレビで見ている華やかな世界の裏には、平均サラリーマン年収に満たない選手が、

大量の汗をかき、自分で洗濯をし、一軍の舞台を目指してもがいている選手もいるのです。



今日は練習前に野村、岸川コーチから退団のあいさつがありました。


「人間は人に生かされている、評価するのは自分ではなく人が評価する」



という言葉を胸に僕も気を引き締めて頑張ります。



では。

関連する記事
コメント

この記事をよんで
逃げてる自分が情けなく思えました

コーチの言葉絶対忘れません
  • ぱんだ☆
  • 2013/10/10 11:16 PM
私は忘れていません。気にかけているファンは たくさんいます(>_<)忘れないで!
  • 2013/10/09 8:39 PM
高木さん!お疲れ様です(*^_^*)

今日は久し振りにG球場でお会い出来、お話もさせて頂き握手までさせてもらい有難う御座いました(^^♪

お元気そうで安心しました(#^.^#)
外野でのストレッチでは大田選手とは何を話されていたんですか?(今度教えて下さい)
外野フェンス沿いを歩行している高木さんのお姿をしばらくずっと見ていましたよ(^_^)/

またお会いしに行きますネ♪

一歩一歩あせらずリハビリ頑張って下さい!
  全国の高木さんファンが復活のその時を信じて待ってますよ(^_-)-☆
  • ばらさん
  • 2013/10/07 9:44 PM
高木さんお疲れ様です。
毎年のこの時期は暗い話題が耳に入りますね。仕方のないことですが…

ジャイアンツの選手だった方が戦力外通告を受けて、他球団へ行ったりもしくはプロの道を諦めてしまうのはなんとも言えない寂しさがあります。

高木さん達は退団する選手達の涙を目の前にし、もっと辛いでしょうね。

既に頑張ってると思うので頑張ってとは言いません!
今季退団してしまう選手の分まで、来季一軍で皆が活躍することを願ってます!

ほな!
  • まぁりー
  • 2013/10/06 6:49 PM
高木さんお疲れ様です。


切ない。
しげちゃんフィーバー好きでした!

高木さん
準備が出来たら、這い上がって打者を斬りまくって下さい!


藤川球児選手から打った、サヨナラホームラン最高です♪
  • アイ吉田
  • 2013/10/06 12:22 PM


松冨倫クンがいないなんて

まだ信じられない

信じたくないの

松冨さんに限らず

チームは違っても

応援してます

大好きな野球を続けて欲しいです

皆が大好き

  • ユミ
  • 2013/10/05 9:28 PM
戦力外の報道を見て思うのはセカンドキャリアがもっともっと整備されてほしいということと、一人のスター選手にお金をかけるより、育成選手であっても1年でも長くプロ野球の世界で勝負できる方向に経営が進んでほしいということです。そのためならプレーオフとかで収入を増やすために仕組みが大きく変わってもいいと考えています。

高木投手は巨人でまだ長い間投げられる投手だと思っていますので、焦らず復活を目指していただきたいです。
  • 雨800
  • 2013/10/05 7:30 PM

つらいですよね。
本当に大変な世界なんだと改めて感じました。
皆さん一軍で活躍できるよう願ってます!
  • あいり
  • 2013/10/05 1:15 PM
お疲れ様です

先日、古城選手が引退を発表されましたね…

ズムサタで選手としてもう見ることができず、

残念です

でも、高木さんは見れると信じてます

頑張ってください


  • にゃーん
  • 2013/10/05 10:43 AM
戦力外通告、厳しいですね・・・。

12球団合同トライアウトがあると思いますが、
参加する選手の皆さんを心から応援したいです。
今年は草薙球場で開催されるそうですね。

もっと自分も頑張ります。
  • 静岡のファン
  • 2013/10/05 9:03 AM
華やかに見えるプロ野球選手の光の部分を歩んでいける選手はほんの一握り。昨日10/3の古城選手の引退セレモニーを見せていただき、今日10/4ヤクルト宮本選手の引退セレモニーを見せていただき、そういった形で送り出してもらえる選手は本当に一握り。それでも、いいものを見せていただいたと嬉しく思いました。過去の話ですが、世界の王さんに相応しい形を示せたのか?私はずっとわだかまりを持っています。それでも、彼は大局に立ち嫌な顔一つせず球界のために働いて下さる。ありがたいことです。

ところで、前途あり才能有りの野球選手と一介の私なぞとを比べてはいけないのでしょうが、私の年収は育成の皆さんに遠く及ばない。踏ん張りましょう。悔しさを糧になるべく笑顔でいましょう。繰り言を口にしたらいくらでも出てきます。高木さんはじめとする野球選手のプレー一つ一つに野球に取り組む姿勢に私は元気と力を日々いただいております。ありがとう。(^^)
  • とてとて
  • 2013/10/05 1:48 AM
お疲れさまです。
毎年この季節はもの悲しいですね。ファンにとってもそうです。

評価は他人がするものでもあるけど、自分ででもできますよね。
それでも自分で納得できるまで球界にいられる選手は一握りだけど、高木投手がそんな選手になれますように。

ほな!
  • みつこ
  • 2013/10/04 10:57 PM
このブログを読んで
本当に大変な世界だなと思いました。
野村コーチ(岸川コーチ)
の言葉、
私も胸に刻みます。
  • モネ
  • 2013/10/04 10:04 PM
コメントする








   

profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

ブログパーツUL5